iPhoneでついついやってしまう課金。アプリの追加機能だったり、ゲームのガチャだったり、課金する要素は多い。その課金ができないようにする方法を紹介したい。

まず、アプリ内課金の制限は「スクリーンタイム」という機能の中にあるオプションで設定するので、スクリーンタイムを有効にする必要がある。

スクリーンタイムを有効にするとiPhoneでどのアプリをどれぐらいの時間使ったかのアクティビティーが表示されるようになる。そして、画面を見ない時間を設定する「休止時間」やアプリの使用時間を制限する「App使用時間の制限」など、iPhoneそのものやアプリに関する制限をかけることができるようになる。

その中で「コンテンツとプライバシーの制限」を使って設定していく。手順は次のとおりだ。

  1. 「設定」アプリの「スクリーンタイム」を選択する。
スクリーンタイム
  1. 「コンテンツとプライバシーの制限」を選択する。
コンテンツとプライバシーの制限
  1. 「コンテンツとプライバシーの制限」のスイッチをオンにする。
コンテンツとプライバシーの制限
  1. 「iTunes および App Store での購入」を選択する。
iTunesおよびApp Storeでの購入
  1. 「App 内課金」を選択する。
アプリ内課金
  1. 「許可しない」を選択する。
許可しない

以上の手順でアプリ内課金を制限することができる。

解除するときは最後の「許可しない」を「許可」に戻すか、そもそも「コンテンツとプライバシーの制限」のスイッチをオフにする。

Posted by:こうすけ