セルフレジで人との接触を避けよう

緊急事態宣言が出されて人との接触を避けるよう要請されている。だけど、日々の買い物をするためにスーパーやコンビニに出かける場合もある。そういうときは、積極的にセルフレジを利用したいところだ。

セブンイレブンはまだ見かけないけど、ローソンやファミリーマートはセルフレジが設置されている店舗が増えている。スーパーでもセルフレジを導入するところが増えてきており、店員との接近を避けることができる。

ぼくはセルフレジがある店舗をなるべく利用している。セルフレジを利用していて気がついたことがある。それを紹介したい。

意外に簡単

初めての場合、セルフレジは操作が難しいのではと警戒するかもしれない。でも、意外に簡単なのでやってみるといいと思う。

店によって違うけど、大抵は商品のバーコードを読み込ませたらスタート。最初にポイントカードの種類かなしかを訊いてくる端末もあるが、なしをタップすればスタートする。

バーコードリーダーで商品のバーコードを読み込ませていけばいい。すべての商品の読み込みがおわったら支払い。

電子マネーで便利

支払いは大抵の電子マネーが対応している。交通系電子マネーはほぼすべてじゃないだろうか。支払いもスピーディーでいい。

因みに多くのセルフレジでは現金が使えない。スーパーのセルフレジでは現金が使えるケースがあるけど、コンビニでは見たことがない。

セルフレジは現金が使えないものと思っておいたほうがいいだろう。

ポイントカードありますかの不毛なやりとりがない

店員に「ポイントカードありますか」と訊かれて「ないです」と答える。コンビニなどで買い物をするときに必ず行われるこのやりとり。不毛以外の何物でもない。

ポイントカードを持っている人は大抵自分から出す。ポイントカードを持っていない人にとって何の生産性もないやりとりのために言葉を交わす必要がある。

だけど、セルフレジならそんなやりとりは一切ない。あるならポイントカードのボタンを押してポイントカードを読み取らせる。ないならスルー。実に生産的。ポイントを貯めたい人だけ追加の操作がある。実に素晴らしい。

惣菜、弁当類を縦に入れて崩す店員に当たらない

惣菜とか弁当とか縦に入れてほしくない商品は結構ある。だけど、大抵のコンビニ店員はまったく気にすることがなく縦に入れて中身が崩れて残念な思いをすることが頻繁にある

セルフレジなら会計後、自分でレジ袋に入れるので、丁寧に惣菜類を入れることができる。残念な店員に当たらなくていいというのは、セルフレジならではないだろうか。

というか、そもそも横にして陳列してある商品は縦にすると中身が崩れるから横にしているのであって、それをわざわざ縦に入れようとする店員はなんなんだろうか。

セルフレジは増えてほしい

いまだに店員のいるレジに行く人が多い中、並ばずに会計を済ませることができるのは時間の節約になる。

セルフレジを利用する人が増えれば、今度は店員がいるほうが早く終わるという逆転が起こるかもしれないけど、いまのところは大丈夫そうだ。

セルフレジが使える店舗が増えてほしいし、セルフレジの台数も増えてほしい。狭いコンビニだと設置は大変かもしれないけど、ぜひとも取り組んでもらいたいものだ。

あと、セルフレジを設置する事業者にお願いしたいのは、レジ袋を簡単に開けるように、郵便局に置いてあるような水の浸みたスポンジを置いておいてもらいたい。

ただ、本当の理想はAmazon Goなんだよね。