西暦と平成と令和の対応表 2030年まで

意外となくならない平成表記。令和の時代になっても、昔の書類などで将来について書かれたことで目にする。

そんなとき、西暦に換算すると何年だっけ、令和に換算すると何年だっけととっさに出てこない。

そんなわけで、西暦と平成と令和の対応表を2030年ぐらいまで作ってみた。これでいまだに平成表記が出てきても迷うことはない。

西暦平成令和
2018年平成30年
2019年平成31年令和元年
2020年平成32年令和2年
2021年平成33年令和3年
2022年平成34年令和4年
2023年平成35年令和5年
2024年平成36年令和6年
2025年平成37年令和7年
2026年平成38年令和8年
2027年平成39年令和9年
2028年平成40年令和10年
2029年平成41年令和11年
2030年平成42年令和12年

平成は2019年4月30日まで。令和は2019年5月1日から。

なお、ぼくはiPhoneで「和暦.jp」というアプリを使っているけど、ウィジェットに令和と西暦と平成と干支が表示できるのでオススメだ。いま現在の表記だけだけど、役所の書類を書くときに参照すると便利だ。