写真の保存はAmazon Cloud Driveがオススメ

撮影した写真はクラウドストレージに保存しておくのがオススメ。自分のパソコンにしかないと、そのパソコンが故障したときに大切な写真をすべて失うことになる。でも、クラウドストレージなら業者がデータセンターで厳重に管理してくれるので安全だ。

では保存先をどうするか。ぼくはAmazon Cloud Driveをオススメしたい。ただし、オススメの前提条件としてプライム会員であること。プライム会員じゃないとオススメしたい点の特典がつかないからだ。

まず、基本的なサービスの条件について見ていく。

料金容量
無料5GB
年間2,490円100GB
年間13,800円1TB
年間27,600円2TB

正直、高い。お話にならないぐらい高い。単純な料金比較ならiCloudのストレージがいい。ただ、これはプライム会員じゃない場合だ。プライム会員であればこれにプラスのオプションがついてくる。

無制限のフル解像度のフォトストレージ」だ。つまり、写真なら無制限で保存できるということだ。

写真といってもJPEGだけなのではと思うかもしれないが、Amazonがそんなケチくさい仕様にはしない。JPEGはもちろんだが、TIFF、HEIF、HEVC、そしてRAWファイルに対応している。NikonユーザーのNEFなら確実に無料で保存できる。

対応しているファイル、RAWファイルに関しては以下のヘルプに記載がある。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon Driveに対応している写真とパーソナルビデオのファイル

Amazon.co.jp ヘルプ: RAWファイルについて

Nikon、Canon、Sony、OlympusのRAWファイルは写真ファイルとして認識してくれるようだ。

写真を趣味にすると、写真ファイルがどんどん増えてくる。特にRAWファイルはサイズが大きい。必要なものを精査して他を思い切って捨てるという考え方もあるのかもしれない。でも、ぼくは失敗作も含めて、そのときに撮った写真としてとっておきたい。そのときの失敗を事実として残しておきたい。だから、撮影した写真でいらないファイルはないと思っている。

これら大量の写真をすべて安全に保存するには、それなりの容量がないとダメだ。NAS(Network Attached Storage)にRAIDを構成して、ハードディスクに保存するという方法もあるが、そのNASは自分で管理しなくてはいけないし、もちろん電気代もかかる。インターネットからアクセスできるように構成したりもしなくてはいけない。

だったら、最初から利用料を払ってクラウドストレージの業者に預けたほうがいい。業者がちゃんとしたデータセンターでしっかり管理してくれる。自分でNASを部屋に置いておくよりも安全だ。バックアップだって完璧だ。

むろん、業者のサービス終了というリスクはある。そのリスクのためにいままで3回ほどクラウドサービスを転々としてきた。だけど、いまのところAmazonは世界規模でサービスを展開しているし、すぐに終わることはなさそうだ(なお、過去にどんなファイルも無制限に保存できるプランがあったが、それは終了した経緯がある)。

Amazon Cloud Driveに預けておけば、スマートフォンアプリからでも写真を参照できるし、スマートフォン上の写真を自動でアップすることもできる。

好きなだけ写真をアップできて、いつでも参照できる仕組みを用意してくれていて、安全に保存してくれる。これだけで、プライム会員になってでもAmazon Cloud Driveを使う価値はある。