AWS大規模障害 EC2、RDSにて

2019年8月23日の13時ごろからAWSで大規模障害が発生し、ゲームやQRコード決済のサービスで影響が出ているようだ。

この記事を書いている現在、まだ障害は復旧していない。

AWS大規模障害でマネジメントコンソールが開けない状態

試しに自分のアカウントでログインしてみたら、最初、AWSマネジメントコンソールすら開けず(試行2回目で開けた)。

AWS大規模障害のステータス

AWSのステータススページからAsia Pacificの状態を確認すると、EC2とRDSで障害が発生している。

AWS Service Health Dashboard

こすぶろも以前はAWSで稼働させており、EC2でCentOSのインスタンスを立ち上げて、WordPressのデータベースにはRDSでMariaDBを使っていた。

WordPress.comのビジネスプランに移行してきたから障害を免れたものの、危ないところだった。

昔に運用していたブログでロリポップからAWSに移行したときも、ロリポップでWordPressでのハッキング事件があり、移行したあとで難を逃れたことがある。

どうもぼくがブログを別のサービスに移行すると、移行元が近々のうちに何らかの障害が発生するというジンクスがあるのかもしれない。

ただ、こうなるとAWSでサービスを提供している事業者は自分たちで何とかすることはできず、ひたすらユーザーにアナウンスするしかなくなる。クラウドは便利でもあるけど、自分たちの責任で何とかすることができないという面もある。それをメリットととるかデメリットととるかは、いろいろな考え方があると思う。

なお、むかし運用していて更新しなくなったブログはHTMLファイルにしてS3に格納し、CloudFrontで配信しているけど、そちらは問題なく動いている。