東京駅フォトウォーク

フルサイズのカメラNikon D750を持って都内を散策する。今回は東京駅。

東京駅丸の内駅舎は2階建から建設当時の3階建に改修工事がされて、いまの姿になる。完成時にJR東日本による駅舎を使ったプロジェクションマッピングが話題になった。のちのプロジェクションマッピングのブームはこれがきっかけだったように思う。

屋根も丸っこい。改修前の東京駅の屋根は角ばっていた。

東北に行く新幹線も上野までだったものが東京駅にも乗り入れるようになってきた。

撮影場所はKITTEの屋上庭園。煙突のような塔がある。

見上げるとビルの谷間。

はとバスのバス停も望める。

場所は変わって浜松町。

東京駅を撮影したので、東京を象徴するものを撮影したいと思って浜松町駅を降り立つ。貿易センタービルを抜けたところにある歩道で撮影。

浜松町駅から続く道の脇に見える東京タワー。東京スカイツリーができたけど、やっぱり東京といえば、東京タワーが象徴的。

実はまだ上には登ったことはない。2階には何度も行ったことがある。小山薫堂がプロデュースしたカレー屋(2018年9月26日で閉店したらしい)があるとのことだったので行ってみたのが2回。

そのときに上に登ってみようと思ったけど、並んでいる行列を見てやめた。東京スカイツリーに客が流れて空いてきたら行こうかなと思うけど、多分そんな日は来ないんだろうな。

ところで、インドカレー屋さんのナンって大きすぎるよね?

場所は再び変わって海辺。晴海埠頭。空が晴れてきたので、海沿いを撮影したいと思って東京駅に戻り、都バスで晴海埠頭に。

以前の投稿でも似た写真は出した。

晴海埠頭のオブジェ「風媒銀乱」。どの角度から撮影しても様になるフォトジェニックな場所。しかも人が少ないのでじっくり撮影したい場合にもオススメ。

以前の投稿はこちら。ちなみに撮影日は同じ。ようやくまとめて編集する時間が取れたので。

晴海埠頭のオブジェの写真を撮ってきた

ウミネコも以前の投稿とトリミングのサイズを変えて、ちょっと加工してみた。鳥は狙って撮るのが難しい。なんとなく追いかけながら撮影して、たまたまいい絵が撮れた。

なお、今回の投稿からブログに掲載する写真のサイズを大きくした。Lightroom Classicから書き出すとき、以前は1600pxで書き出していたけど、今回から2000pxにしてみた。

WordPress.comビジネスプランが容量無制限なので、大きめサイズの写真でも安心してアップロードできる。