雷門フォトウォーク

浅草寺 雷門

浅草といえば浅草寺。浅草寺といえば雷門。浅草に来たら浅草寺の雷門を撮影しないわけにはいかない。

浅草寺雷門

ただ、人が多い。観光地なだけある。下に書かれている「松下電器」は、松下幸之助が雷門と提灯の修復に寄付をしたことが経緯。いまのパナソニックである。

浅草寺雷門裏側

裏側には「風雷神門」の文字。

浅草寺仲見世

仲見世通りはこの人の多さ。

浅草寺仲見世 令和の旗

令和の文字の旗もある。

東京スカイツリーとスペーシア

雷門を手前に右側の歩いていくと見えてくるのが東橋。いまは工事中だけど、赤井東橋の向こうにはアサヒビール本社ビルと通称うんこビルといわれている黄金の炎のオブジェが見えてくる。そして、東京スカイツリー。水上バス乗り場のわきを通り抜けて、隅田川沿いに上っていくと、鉄橋が見えてくる。東武伊勢崎線をスペーシアが浅草に向かってきていた。浅草の次が東京スカイツリー駅。

もう少し人混みが落ち着いてきたら東京スカイツリーにも足を延ばしてみたいなと思っているけど、いまだに人が多くて上に登る気が起きない東京タワーの例もあるし、あまり待ってばかりではいけないのかもしれない。